プレゼント企画の靴作りまーす!

皆さんこんにちは!

四代目バルタンです!

昨日投稿することが出来ず、1日遅れの投稿となってしまいました。

申し訳ございません。

 

 

 

それでは今日の内容に入りたいと思います!

靴を作っていきますよー!

 

 

さぁ!まずは生地を切っていきましょう!

このような型を使って裁断機で切っていきます!

そして切り終えたものがこちら!

かなりパーツが多いですね!

そして、生地に写真のようにテープや補強を貼り付けていきます。

これは縫うときにずれないようにするためです!

次に本体のもととなるものに生地を貼り付ける線を書いていきます!

線が書けたらいよいよ縫い合わせますよ~

 

まずは本体を縫い合わせます!

どうやって縫うと思いますか?

おそらく多くの方は上の写真のように縫うと思いますよね?

残念ながら違います。

答えはこうです!

えぇ!うそでしょ⁉

あーあ、縫っちゃった・・・

ぴら

縫えてる~

こうすることで生地の接続部分が見えなくて仕上がりがきれいなんですよ!

そうしたら次は特殊なミシンで踵を縫い合わせます。

 

そして先ほど切り取った生地を縫っていきますよ~!

ぺたぺた

裏材もペたペた

ここまでしたら次は履き口とにスポンジ、かかとにカウンターと呼ばれるものを入れます!

カウンターは足を保護する役目と靴の型崩れを防ぐ役目を持っています。

本体と材料にのりを塗って~

本体にくっつけたらくるん♪

スポンジがずれないように縫います。

そして~

靴ひもを通すところとベロと呼ばれる部分を縫い合わせたら

完成です!

 

ちょっと待ったー!

皆さん何か忘れてませんか?

つま先です!

ここが一番難しいんですよ・・

さぁ行きましょう!

皆さんおなじみ裏合わせで縫い合わせていきま~す

 

ここがポイントつま先のカーブしている部分は一目一目回転させながら縫っていきます!

そうやってチクタクチクタクと縫うと~

はい!つま先部分完了です!

とここまでが縫製部分です!

靴一足作るの大変なんですよ。

 

ところで皆さん気づきました?

実は生地と紐の色合わせていたんですよ!

ほら!

 

皆さんの靴もそうなっていると思いますよ!

時間あったら見てみてください!

 

それでは次に吊り込みに行きます!

まずは踵の癖をつけます!

機械で温めてかかとのカウンターを曲げます。(左上の画像)

つぎに温かいうちにすぐ冷やします!

すると~

はい!

癖付け完了です!

左が何もしていないもので右がかかとの癖をつけたものです!

全然違いますよね!

 

そしてかかとに癖をつけたら

中底というものをラストに釘で打ち付けます。

そのあと、本体と中底に接着剤を縫っていよいよ吊り込みです!

まず、ラストに本体をかぶせて本体が動かないように釘でとめます。

そして、右の画像の特殊な形をしたペンチのようなもので生地を少し引っ張りながらそこにつけます。

ずれないようにカンカンカンと!

するとこんな風にくっつきます!

その後もペタペタ、カンカンと

はい!できました!

かかと部分はカウンターが入っていて硬いので

このような機械でくっつけます!

これでようやく靴の完成です!

じゃん!

写真で見ると意外と簡単そうなんですけど

意外と難しいんですよ。力も必要ですし。

 

この後まだソールを貼るという作業があるんですけど僕にはできないので

ここまでです!

いかかでしたか?

なかなか靴を作るところを最初から見る機会はなかなかないと思います。

今回ご紹介した作る工程を見るとより靴に愛着がわきませんか?

 

プレゼント企画に当選された方、一生懸命作りましたので大切に履いていただけたら嬉しいです!

 

今回は長い記事でしたが最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

来週もお楽しみに!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

 

 

 

 

靴って深いなぁ

こんにちは。

四代目バルタンです!

あぁ靴って深いなぁ

 

別に病んでませんよ!

最近、テレビで靴職人の方を取材している番組をよく見かけて

靴職人最近流行ってるのかな?

と思うとともに職人さんによって全く作る靴が違うので見ていてとても面白いです。

僕が見たのはクレイジーな日本人を紹介する番組とお昼の情報番組です。

お二方とも個性があってクレイジーな靴職人の方は革靴の職人さんで

その方はご依頼いただいた方の足に合わせて靴を作るそうで1足作るのに数か月かかるそうです。

THE靴職人!という感じの方ですごくかっこよかったですよ!

ただ足袋型シューズじゃないっていうのがちょっと・・・

 

嘘ですよ(笑)

革靴めちゃくちゃ欲しくなりました!

 

そしてもう一人の方は女性の靴職人に方でした。

その方は昔ながらのというより今どきな靴職人さんでした!

その方が作る靴は果物をモチーフにした靴でどの靴も目新しいものばかりでした。

このお二方を見て僕の靴に対する概念が変わりましたね。

 

でも、靴づくりを始めて数か月しかたってませんけどね

 

 

ここ最近テレビで靴職人の方を見て、靴づくりも個性が出るんだなーと感じましたね。

いやー深いですねぇ靴づくりは

 

僕も自分の個性が靴に出てくる日が来るんでしょうかねぇ

皆さんお楽しみに!

 

話が変わりますけど現在、ツイッターのプレゼント企画の靴作成中です!

じゃじゃん‼

ちなみにこの靴僕が縫いました!

形にするところまで僕が全部やりますので次回は足袋型シューズが出来るまでという内容にしましょうかね!

それでは来週もお楽しみに!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

 

靴のソールは走り方を語る。

皆さんこんにちは!

四代目バルタンです!

10月になりましたねー今年もあと数か月ですよ!

はやいはやい・・・

 

さぁところで皆さん今日、10月11日が何の日かわかりますか?

 

特に何もありません(笑)

ただ、一か月後の11月11日岡山県で岡山マラソンが開催されますね!

ブログ投稿日にちょうど一か月なんて運命を感じますね。

ランニングについて語ってくれと言わんばかりに

 

ということで今回はブログのタイトルにあるように

靴のソールは走り方を語るというテーマで書いていきたいと思います!

皆さん!普段は履かれている靴の裏を見たことありますか?

なかなか見ませんよね!

見たとしても

あ、すり減ってる買い替えようくらいですよね(笑)

 

あまり気にしない靴の裏、実は体からのサインが出ているんです。

ソールがすり減っている部分がありますよね?

その部分は歩いている時や走っている時に接地している部分なんです。

なので長い間履いていると

よく使っているところがすり減ってくるわけなんです。

 

よく使っている=体重がかかっているもしくは蹴りだしているということです。

なので

踵がすり減っている人は踵接地をしている。

足の真ん中やつま先のみ減っている人はミッドフットやフォアフットで

走れている。

外側がすれている人は外に体重がかかっているので走っている時に膝が割れているかもしれないまたは体が左右にブレているかもしれないと予測できるんですよ!

なかなか気づかないところですが、そういうところがわかってくるとよりランニングを楽しむことが出来ると思います!

ちなみにこれが僕のシューズです!

しっかりと足の前部分とつま先がすれていますね!

ん⁉

かかとが・・・

 

見ないでくださぁーい

これには訳があって歩いたり僕がやっている競技上踵がすれるんです・・・

 

そんなことより注目してもらいたいのがつま先!

しっかりすれてますよね!ジパングさんの特長であるミッドフット接地がしやすく、つま先が使えるをちゃんと証明していますね!

え?僕が陸上選手だから?

違いますよ!

先日、ジパングさんを履いてくださっている方が岡山マラソンに向けてジパングさんを買い替えたいといらしたときに履かれていた靴を見せてもらったらそのお客さんもつま先がすり減っていたんですよ!

その方は今回岡山マラソン初参加の方で陸上経験はありません。

それでもしっかりつま先を使えているということは少なからずジパングさんの効果はあるということです!

この機会に一度ジパングさんをお試しされてみてはどうでしょう!

 

今回の記事はいかがでしたか?

気づきそうで意外と知らない体からのサインでした。

 

それでは失礼します!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

 

 

ついに完成?靴づくり続編!

皆さんこんにちは!

四代目バルタンです。

 

ついに靴ができました!

少し間が空いたので前回までの内容をおさらいしましょう!

 

まず、木型という靴の方に紙を貼り付けて

デザインの下書きをするんでしたよね!

そうして書き終えたら、きれいに剥がして厚紙に貼り付けます。

この時しわにならないように注意!

でしたね!

 

そして各パーツごとに切り分けて

パターン(生地を切るときの型)の完成です!

とここまでが前回までのおさらいです。

振り返ってみる意外と短い・・・

 

どれだけ手際が悪いかわかりますね。

でも一生懸命やってたんですよ!

そんなことは置いといて、続きに戻りましょう!

パターンが出来たら次に生地をとっていきます!

とった生地がこちらです!

 

 

またこの生地をとるのが大変なですよ。

パターン通りに切らないとちゃんと靴にならないので

1ミリのずれも許されません!

材料の材質も様々で大苦戦でした。

 

 

材料をそろえたらいよいよ縫っていきます!

縫っている最中の写真なんですけど初心をとる余裕がなかったので

ありません・・・

そうしてできたのがこちら!

 

ボロボロです!

木型に釘で打ち付けたのでかろうじて靴の形っぽくなってますけど

全然だめですね・・・

当然、師匠にもダメ出しをいただきました。

また、サンプルシューズの完成期限にも間に合わず

ダブルパンチ。

やっぱり靴づくりは難しいなーと今回身をもって感じました!

また、仕事は早め早めにやろうと思いました。

 

というわけで靴づくりは以上です!

 

今後も靴づくりに挑戦しようと思っているので

うまく作れるようになったらまた靴づくりの記事を書こうとおもいます!

 

それまでお楽しみにー!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆