足袋シューズへの道 第8章

ばるたーーーーんんんん!!!!

みなさんお元気ですか!?

世界で猛威をふるっているコロナウイルスに気を付けてくださいね!

岡本製甲は中国に協力工場があります。

現在中国工場は現在非常に大変な状況です。

こういった問題が起こると世界は繋がっていることを深く痛感しますよね。

それでは今回の「足袋シューズへの道 第8章」では

足袋ランニングシューズLafeet-Zipangの凄さについて話をします!!

岡本製甲初のランニングシューズ

「Lafeet-zipang」の凄さ -1

キック力が上がる! ミッドフット走法になりやすい!

https://youtu.be/WvneJ5vTe1Q

足袋型形状になる事によって指を使えるようになるので

地面を強く蹴ることができストライドが伸びる!

そして、ドラマ「陸王」でも話題になりました

ミッドフット走法が自然とできるという事が分かったのです!

 

「Lafeet-zipang」の凄さ -2

重心の上下が少なくなり安定した走るができる!

 

こちらの動画は日本体育大学の中距離選手に足袋シューズと普通のシューズを履いてもらって重心位置の違いを調べたのですが

足袋ランニングシューズ「Lafeet-zipang」は

重心位置の上下が少なく安定した走りがしやすいことが判明しました。

 

この2点が「Lafeet-zipang」の凄さですが

このシューズは箱根駅伝の有名大学・オリンピック選手・プロ野球選手・テコンドー選手等幅広いアスリートに履いてもらいました!

そしてこのLafeetーZipangを履いたある世界的なトレイルランニングのブランド[Raidlight」の社長が非常に気に入っているという情報を聞いた僕たちは

その社長に会いに行きコラボレーションの話を持ち掛けたところ…

「足袋シューズへの道 第8章」

へと続くのです。

足袋シューズへの道 第7章

2020年 今年もよろしくお願いします!

鼠年ということで!

初代バルタンです!

前回ではソール工場の社長に

「お兄ちゃん、ランニングシューズ作った事ないやろ?

近くにシューズつくりの凄い先生おるから会ってみるか?」

そして私は

「はい!お願いします!」

 

と答えたところで終わりましたが

その時に会いに行った方が世界的なブランドのランニングシューズを手掛けておられる凄い先生だったのです!

その先生は現在も某ブランドのお仕事をされているので名前は控えさせていただきますが、

メジャーリーガーのあの選手もオリンピアンのあの選手も箱根のあのチームも!本当に沢山のアスリートのシューズをてがけていて

私が思うにスポーツシューズの知見や技術において日本で一番です!

その時にお会いした場所がその先生の開発室だったのですが

そこにあるラストがほんとに綺麗で美しかったことを今でも覚えています。

その先生はラストを黒く塗りつぶすのですが

それはなぜか聞いたところ

「黒色に塗りつぶすと嘘がつけない」

っとその時はちょっと理解できない回答が返ってきたのですが

とにかく質問攻めをしてそれを持ち帰って

何度か足袋ランニングシューズを開発するための

ラストを持って先生のところに行っては

跳ね返され

 

修正して持って行っては

跳ね返され

 

を繰り返していると先生から

「あんた何度やってもダメそうやから 俺のラスト持って帰ってそれを調整せえ」

っといってその先生のランニングシューズラストを渡してくれたのです!!!!

これってラーメン屋が秘伝のスープを作るレシピをくれるのと同じくらい

凄いことで嬉しくて嬉しくて今でもその時の映像が思い出されます。

さあ、そのラストを足袋に仕上げるまでがまた難しかったのですが

そのラストを使って生まれたのが

足袋型ランニングシューズラ「Lafeet-zipang」

このランニングシューズを早稲田大学駅伝部に履いてもらう為に

東北合宿まで持って行きました!

 

初めて作った足袋ランニングシューズがトップの長距離選手にどんな評価をもらえるか非常にドキドキしたのですが

そういった選手からは良い評価の声が多く頂けたことは勇気がでました!

そして某ランニングマガジンのシューズトライアルでは

17メーカー 64足の中で

なんと7位”!!!に選ばれたのです!

世界的なブランドが揃う中でこんな評価を頂けるなんて!

それも初めて作ったランニンシューズが!

信じられない気持ちでしたが嬉しかったです。

そしてこの足袋ランニングシューズを岡山大学と研究していくうちに

凄い力を持ったシューズだという事が判明したのです!!!

この凄い力が何かはまた次回!

 

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

足袋シューズへの道 第6章

足袋シューズへの道 第6章

こんにちは。初代バルタンです。

ほんと時が経つのが早くてもう年の瀬です。

みなさん今年はどんな年でしたか?

私にとっては忘れられない意義のある

良い意味で会社が生まれ変わり始めた一年だと感じています。

ドラマ「いだてん」も始まった!

と思ったら、もう最終回。

そして足袋シューズストーリーも第6章となりました!

今回は足袋型ランニングシューズ「Lafeet-zipang」の開発ストーリーです!

さあ!今回はまずは質問から行きたいと思いますが準備はいいかな??

シューズといえども沢山の種類のシューズがあります。

その中で一番製造が難しいシューズは何でしょう??

難しいと思うのでヒント

 

 

 

 

 

 

 

 

チ、チ、チ、チ、チ、チ、

 

チーーーーーーーーーーン!

 

答えは

 

 

「ランニングシューズ」

です!!!!*意見は個人により異なります。

これは私が15年以上シューズ製造に携わってきて感じる実感です。

ランニングシューズは

・フィット感ー走っている最中に擦れて痛くなっても靴を履き替えれないからね。

・クッション性ークッション性悪いと足痛めるからね。

・通気性ー蒸れると靴の中で足が滑ったりタコできたりするからね。

・軽さー重いと長い距離はしると疲れるからね。

・品やかさー硬いと足痛くなるからね。

これは非常に基本的な事ですがほんというとここでは語りきれないほど

すんごく繊細で技術が詰まったシューズなのです。

何よりもランニングシューズはシンプルなシューズだけに誤魔化しがきかないのです!

だからランニングシューズを制する者はシューズ業界を制する!

とも言われているのです。

実際にNIKE・ASICSはランニングシューズから興ったスポーツシューズブランドですよね!

岡本製甲といえば創業者岡本三十四さん

がゴルフシューズを作ったことで成長した会社です。

プロ野球選手やプロゴルファーのシューズは作っていたものの

ランニングシューズをつくるノウハウはゼロ。

しかし私はあるオリンピック選手(実はこのオリンピック選手は外反母趾の痛みが原因で無念のリタイアをされたのです)

から

「足袋のランニングシューズは絶対足に良いと思いますよ!」

とアドバイスをもらっていたので開発する気は満々!

でもどこにいけばランニングシューズを企画できる人に出会えるかもわからない…

自分の会社でラスト(木型)を

作ってみたものの理想からは程遠い。。。

そこで!

神戸にオリンピック選手のランニングシューズ用ソールを作っている会社を訪ねて行ったのです!

そしてそのソール工場の社長に

「足袋型のランニングシューズを作りたいので協力お願いいたします!」

 

と、頼んだのです!

そしてその社長はこう言ったのです。

「お兄ちゃん、ランニングシューズ作った事ないやろ?

近くにシューズつくりの凄い先生おるから会ってみるか?」

そして私は

「はい!お願いします!」

と答えたところで

第7章に続くのです。

足袋シューズへの道 第5章

はいっ! 你好!

「好久不见」(お久しぶり!の意味)

中国より帰国しました初代バルタンです。

最近の中国シューズ工場は凄い!日本より進歩している部分が沢山あります!

逆に勉強して帰国することが多いです!

さて、

「足袋シューズへの道 第5章」

この章ではLafeet開発した経緯から話をします。

これは「バルタンX」ですが、このシューズを販売していると

女性のお客様がなぜか購入してくれるのです。

「バルタンX」は野球用トレーニングシューズとして発売開始したのになぜ!!?

購入者の女性に聞き取り調査しているとある足の疾患を持ったお客様が

購入していると分かったのです!

その足の疾患の名前は???

 

その名も

 

 

外反母趾

 

そう!「外反母趾」

*外反母趾とは外反母趾(がいはんぼし)とは、母趾(おやゆび)がその付け根で外側に曲がっている状態をいいます。

この足の疾患を持ったお客様が購入していることが分かった事と

ウォーキング愛好者が増加している事が分かったので

足袋型ウォーキングシューズ「Lafeet」を開発スタートしたのです!

この「Lafeet」はバルタンと違って販売会をしても

2日で70足近く売れたり予想以上に何だか売れたのです(笑)

そして外反母趾で困っている方がこんなに多いのか?

と困惑もしました。

このままではいかん!

と外反母趾や足の疾患を専門で診る足の専門医の先生と「足の講演会」

をしたりして外反母趾や足の事で困っている方々の助けになるような活動もしていきました!

これがその時の講演会風景ですが沢山の人が参加してくれて

終演後にはたくさんの方から

「足について勉強になった」

「こういうセミナーを待っていた!」

「足袋シューズを履いてみたくなった」

等の声をたくさんいただいた事は今後の励みになりました!

そして、ウォーキングシューズ「Lafeet」の

次の開発をスタートさせるのです!

それは足袋型ランニングシューズその名も…

 

 

 

ではなく

 

「Lafeet zipang」

 

この開発はほんとドラマ「陸王」さながらほんと山あり谷あり大変でした,,

それは8年前の2011年のお話。

次回に続く

 

 

足袋シューズへの道 第4章

ボンジョルノ!

約10日間のイタリア出張を終えて日本に辿り着いたが

超が付くほどに時差ボケで毎日朝2時から起きている初代バルタンです。。。

ヨーロッパ最大級の靴の展示会「MICAM」に足袋シューズLafeetを展示したのですが、

凄く人気でした!100足以上の注文も頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lafeetの海外展開お楽しみに!

さあ!

足袋シューズへの道 第4章 始まり始まり!

前回は足袋シューズは完成したものの売り先ゼロの状態で途方に暮れたところで

終わったのですが、、

なんと!このままでは発売できないかも!

という危機的状況寸前に追い込まれます!!!

これその時の俺。

今思えばほんと無知だったな~と思うのですが

なんと!「商標登録」ができていなかったのです!

てか、「商標登録」って??

これその時の俺、

開発段階からあだ名件、品名候補として

「バルタン」と呼んでいたのですが

弁理士の先生に相談すると

「これは確実にあのバルタンのウルトラ有名な会社から訴えられる可能性100%!!!」

 

という呆れお墨付きを頂きまして

これその時の先生、

しかし本生産マジかに迫ったこの時に新しい品名を考えるよりも

このままバルタンの名を生かした名前、、、

それが

「VALTAIN-X」

Xつけただけですが

ジャッキーチェン世代の僕としては

「スパルタンX」

とハイブリッドな名前になって

かっちょえーーーー!!!

とか思ってたのですが

いや~発売当初は名前のインパクトが強すぎていろんな人に笑われました(笑)

いまでも足袋シューズの事を

「バルタン靴」って呼んでくれる人がいるくらい。

しかしまだ販売先は一軒もありません。。。

そんな!

ある時一筋の光が!!!

岡山にある競技スポーツ専門店

「エイコースポーツ」様

https://shop.eikosports.co.jp/

で取り扱いがスタートしたのです!

そんなエイコースポーツ社長の三宅直子さんにはほんと感謝しています!

そして、エイコースポーツを皮切りに

「ダイヤ工業」 さま

https://www.daiyak.co.jp/

岡山天満屋様

等、発売当初は岡山の企業の皆様に支えられながら徐々に販売先を増やしていったのです。

当初は野球トレーニングシューズとして発売開始した

「VALTAIN-X」

しかし買ってくれるお客様が野球選手ばかりではなく

外反母趾や足でお困りのお客様が買ってくれたのです!

そんな外反母趾でお困りのお客様から

「足袋形状のウォーキングシューズが欲しい!」

という声から生まれたのが

「Lafeet」なのです!!!

そして

第5章に続く

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

足袋シューズへの道 第3章

熱い夏の甲子園始まりましたね!

この時期はいつも高校野球時を見て

自分が野球をやっていたことを思い出しては熱くこみ上げるものがあります。

どうも

初代バルタン君です。

今回は岡本製甲初の足袋シューズ「VALTAIN-X」の開発についてです。

それがこれ!

この足袋シューズサンプルを作成したときに一番難しかったのが

やっぱり!って思うかもしれませんが、、、

やっぱり「指の股」です!

サンプル作成してから岡山の高校野球チームに履いてもらいましたが

「指の股がぼっけー痛い!」(ぼっけーは岡山弁で凄くの意味です)

「指の股がでぇーれぇー痛い!」(でぇーれぇーは岡山弁で凄くの意味です)

という声が多く

1mm単位での微調整をして何とか誰が履いても痛くない

納得のいく股の長さにたどり着いたのです!

この話はまさにドラマ「陸王」にでてくるエピソードと一緒!

ドラマを観ながら勝手に「分かる~」

と感情移入していたのです。

そしてこの足袋シューズがいかに足に良いか!

はたまた裸足に近いか!

を科学的に実証するために岡山大学に共同開発の依頼をお願いして

エビデンス(根拠、証拠)を実験しながら実証していったのです!

打ち合わせ風景です。

 

 

実験風景です。

そして出た結果がこれです!

 

と、これです!

この実験の結果

足袋シューズは

1、裸足に近い歩行になること

2.蹴りだしの力が上がること

大きくいうとこの二点が実証されたのです!!!

さあ!!

この実験で足袋シューズと通常のシューズの違いもはっきりしたところで

売るぞーーーー!!!

となったところで

オリジナル商品を売ったことが無い「岡本製甲」には

販売先が無い….

その前に営業しとけよ!

って言われそうですがほんとに無知でして

作ったはいいが売るところがない状態でどうしたものか。。。

というところで第4章続くのです!

 

 

 

足袋シューズへの道 第2章

初代バルタンだからこそ話せる!

足袋シューズ開発秘話!! 第二章!!!

前回の6代目バルタンくんの薄ーく長ーくしたサッカー話だったので

何だか気が楽(笑)

いや!!でも6代目のブログめちゃくちゃ面白いですよね!!?

僕は6代目ブログのファンです!マジで。

 

さて、前回のブログ最後に高校野球チームの練習に行ったところで終わりましたが

この高校野球のチームというのが甲子園の優勝一回

出場回数でいうと春夏合わせて20回以上という名門高校の野球部だったのですが

選手がみんな地下足袋を履いて練習していたのです!!

 

そして気になった僕は

野球部のコーチに

「何で地下足袋を履いて練習するのですか?」

と聞いたのですが

「最近の子供達は足が弱くて地面をつかんだり蹴ったりする力が弱いから

足を鍛えるために地下足袋を履かせている」

「でも地下足袋は履くのに時間がかかる(こはぜを何個も止めないといけない)

 

練習しているとすぐに破れて履けなくなる(薄くて破れやすい)

 

 

ホールドが悪く足が中で滑りやすい(紐式で無いから縛れない)

からもっと練習に適した足袋のシューズを作って欲しい」

というまさにお困りごと問題解決の法則的なビジネスチャンス!

というよりもこのコーチが僕自身の大学野球部時代の先輩ということもあって

ほぼ命令。

そして後輩の私は

「はい!やります!」

今の時代あんま人気のない体育会的なノリ返事で

足袋シューズの開発を引き受けたのです!

でもね、

 

本当は自分の中で靴屋として生きていくうえで

足にとって良いシューズを生み出したいと!

それも岡本製甲のオリジナルシューズとしてやってみたいと!

考えていた27歳(当時)自分としてはこの依頼は

大げさではなく

「これで多くの人の足を元気にできる!」

っと思ったのです!

だからこの開発においては社長に

「自分がこの靴の開発責任者にして欲しい!」

と直談判したのです!

 

そして一番最初に生まれたのがこのシューズ

その名も

バルターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッン

エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーークスッ!!!!

「valtainーx」

何故この名前になったのか?

何となくわかると思いますが

そう

あの宇宙忍者のあの方から

そして次回はこの「valtain-x」の開発にまつわる話をします!

第三章をお楽しみに!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

足袋シューズへの道ー序章 まずはカミングアウトから。

 

こんにちは。初代バルタンです。

急なカミングアウトですが、

(こんないかっこしてるから分かる人には分かると思いますが)

実は僕、、、

 

 

 

野球やってたんです!

それも大学まで!!!

(でも野球観戦は好きではない、、、)

 

 

そして、これまた急なカミングアウトですが

実は岡本製甲、、、

野球スパイクの製造工場なんです!

 

 

 

それも日本人メジャーリーガーやプロ野球選手のスパイクも製造しているのです!!!

WBC(ワールドベースボールクラシック)

優勝の時も岡本製甲製造のスパイクを履いている選手がいました!

そしてあの伝説の瞬間にも!岡本製甲が携わったスパイクが!!!

岡本製甲は今までで総勢約300名の野球選手のスパイクを製造してきたのです!!!

そして今!現在!

プロ野球選手で足袋ランニングシューズ

を履いてくれている選手がいるのです!!!

 

その名は、、、

「Lafeet-zipang」!!!

え!?

履いてる選手名を知りたい???

それは、、、

 

 

カミングアウトできませぬ、、ごめんなさい!

でも5月22日付の広島中国新聞で足袋シューズの事を話題にしてくれているので

見れる方は是非!!!

 

 

そして今回、何故私野球やっていたかをカミングアウトしたかといいますと

足袋シューズの開発のきっかけが高校野球なのです!!!

ある高校野球部のコーチに呼ばれて練習を見に行ったところから

タビシューズの開発が始まるのです。

 

 

今回はここまで!

タビシューズすべての開発に携わってきた自分だから話せる

タビカタストーリーを話していきますのでお楽しみに!

それでは第二章でお会いしましょう!

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/
◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/
足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

 

 

タイガーーーウッッッズ!!!

Xin chao(シンチャオ)ベトナム語でこんにちは。

初代バルタンです。今ベトナムです。

 

タイガーウッズ選手が2019マスターズ優勝しましたね!

ゴルフが趣味の自分としては大きなニュースでした!

正直この数年のタイガーウッズを見ていてマスターズを勝つなんて想像もしていなかったので嬉しかったしビックリしたし勇気でました!

 

いや~ゴルフってほんっっっとにいいものですね~

 

実は!

弊社、『岡本製甲』はゴルフシューズを約50年製造してきたゴルフシューズの製造工場でもあるのです!

最初は仕立て靴の職人であった創業者・岡本三十四さん

(登場二回目)

が!

ある会社からの依頼でゴルフシューズを作り始めたのがきっかけで

50年以上もゴルフシューズを製造し続けているのです!

今までに作ったプロゴルファーには

ジャンボ尾崎選手!

 

石川遼選手!

にゴルフシューズを作ったりもしたのです!

現在はゴルフショップ「つるやゴルフ」様のゴルフシューズを製造しております!

ゴルフシューズの製造はスポーツシューズの中でも非常にテクニカルで難しいのです。

まずゴルフというスポーツは

スタートホールから18番ホールが終わるまでに

時間にして約6時間

距離にして約10km

を歩き続けるスポーツなのです!

だから

痛みが絶対に出てはいけない。(痛くてプレイできないからね)

スイングし易く丈夫な靴でなくてはいけない!(足が靴の中で動いたら上手にうてないからね)

雨で浸水してはいけない!(足が濡れたら気持ち悪いからね)

滑り難いソールじゃないといけない(ケガするからね)

ソールとアッパー(靴の上部)が絶対に剥がれてはいけない!(ゴルフできないよね)

この他にもクリアしなくていけない条件が沢山ありますが

これを50年も続けてきている事は岡本製甲が誇れる事ではないでしょうか!

 

そんな岡本製甲が約10年前に作った足袋型ゴルフスパイクがあるんです!

今は売ってないのですが…

たぶん世界初足袋型ゴルフシューズ!!!

その名も「Lafeet ゴルフ」。。。

次回発売するときは商品名ちゃんと考えます。。。

しかし!

数量限定で作ったのこのシューズですが完売したうえ

今でもこのシューズを履いてくれたり

次のモデルを待ってくれている人がいるのです!!!

 

50年も蓄積したゴルフシューズ製造のノウハウを生かした足袋型ゴルフシューズをいつかまた発売したいと思っています!

これのブログ見て足袋型ゴルフシューズが欲しい!

という方は是非ともコメントください!

そんな人たちの声が集まれば発売が近づきます!

それではまた次回!

Xin cam on(シン カム オン)ベトナム語でありがとう。

でした。

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム https://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

 

 

 

 

 

 

靴と文化とイタリアと足袋シューズ

ボンジョルノ!!!初代バルタンです!

先日イタリアの「展示会」・「工場」・「工場経営者の家」・「デザイナー」・「学校」・「のエージェント」「資材屋」をショップ社長と工場勤務の自分とで巡ってきました!

と、この時点で「」がいっぱいですが

イタリアはほんとにが文化として存在しているんだと感じた出張となりました!

それではまず写真をどーーぞ!

展示会場」会場がおしゃれ過ぎてどっちが上か下か分かりません...

「今年のトレンド」というよりスニーカーが多くて靴からスニーカーに時代は変わっていくのです。てかもうなっている!

「アルマーニのデザイナーと打ち合わせ」細かいデティールにもこだわりが!

の木型倉庫」こんなに沢山の木型見た事ない!足形の蓄積が凄い!

工場」職人達の香りがする工場。昔の岡本製甲もこんな感じだったなぁ

工場の社長宅で家族と会食」イタリアの工場に行ってよく聞いた言葉の一つに「ファミリービジネス」がありました。家族が何らかの形での仕事に関わっている。そして工場には懸命に働く人達。大事ですね。

イタリアの靴を巡ってみて改めて感じたことは

イタリア製の革靴はイタリアの職人がイタリアの工場で作ってあることに大きな価値があるのは確かですが

実は

イタリアが中世から現代にいたるまでの長い間に積み重ねてきた靴への創意工夫が蓄積された結果

革の靴がイタリアの文化となっているのです。

そしてそのイタリア靴の文化やストーリーに多くの人が魅了されているから

イタリアの靴は大きな価値があり魅力的で世界中の人が買い求めるんじゃないかと感じたのです。

そしてイタリア人から言われた一言が「靴を売るな!文化を売れ!」

僕の足元を見て言うのです。

その時履いてた靴がこの足袋シューズ。

やはりこの足袋シューズは日本の文化とイタリア人からしたら感じるみたいで

アルマーニのデザイナーには

「日本人は何でみんなこの形の靴を履くんだ!?」

って聞かれました。

足袋の形は日本の文化なんだって改めて認識したのです。

そして!このタイミングで!

今週末の3月16.17日に倉敷の文化を足袋シューズを履いて「体験」できるイベントが開催されるのです!

倉敷「大原美術館」前の「大原邸」で足袋シューズの試し履き会をします!

その時に!!!

伊勢谷友介さんが代表を務める【REBIRTH PROJECT】と

岡山を代表するデニムメーカー【Johnbull】の【makerhood】と

【Lafeet】のトリプルコラボシューズが初お披露目されます!

詳しくはこちら ←クリック!

是非!この際に倉敷の文化と足袋の文化を感じてくださいね!!!